日本アルプスの見どころはここ!

 世俗的には日本アルプスで知られている日本の大山脈をご存知でしょうか? 長野県に関してはこちらの山脈3つともに近接しているわけですが、そもそも日本アルプスという名称はどこでどうして生まれたのでしょうか?

日本アルプスという名称

 これに関しては1881年に刊行された『日本案内』が要因だと言われております。その冊子の中で、飛騨山脈をリサーチしていたイギリス人の鉱山技師であるウィリアム・ゴーランドが、『ヨーロッパのアルプス山脈に因み、そこに見える山脈や、周辺を全て引っ括めて「日本アルプス」と紹介したことがその名前の由来と言われております。その後、小島烏水という日本の登山家が、飛騨山脈を「北アルプス」、木曽山脈を「中央アルプス」、赤石山脈を「南アルプス」と呼んでおります。更には「日本アルプスの父」と呼ばれていてているウォルター・ウェストンというイギリス人宣教師は、自分自身も日本アルプスに度々登っては、ヨーロッパにおいて日本アルプスの名を紹介していたため、その呼称が強烈に印象づき始めてしまっています。更にはその命名が日本の固有の名称を押しのけてしまい、南アルプス市という市名が生まれたり、中央アルプス市までが生まれてしまいそうになるといったような波乱を引き起こしております。

日本アルプスを構成する3つの山脈

木曽山脈

本州の中央部を長野県の木曽谷と伊那谷に跨って南北に連なる山脈である木曽山脈は、通称中央アルプスとも呼ばれていてています。木曽川と天竜川に挟まれた山脈でありますので、飛騨山脈、赤石山脈と合わせて日本アルプスと呼称される事もあります。

飛騨山脈

 富山県、岐阜県、長野県に跨って連なる山脈である飛騨山脈は北アルプスとも呼ばれていてております。一部は新潟県の部分もある、このような飛騨山脈ですが、主要部分に関しては、中部山岳国立公園に指定されています。。

通称は北アルプスで、木曽山脈、赤石山脈を合わせ日本アルプスと呼ばれていてます。なお、日本アルプスという呼び名は、イギリス人鉱山技師ウィリアム・ゴーランド(ガウランド)による命名でしました。

山脈の主要部分は、中部山岳国立公園に指定されています。山脈の最高峰は、標高3,190mの奥穂高岳で、富士山と北岳に次いで日本で3番目に高い山でしました。

赤石山脈

 赤石山脈は、長野県、山梨県、静岡県に跨って連なる山脈です。山脈の主要な部分は、南アルプス国立公園に指定されています。その地域は鋸岳から光岳に及び、この区間の主稜線には登山道が整備され要所には山小屋とキャンプ指定地があります。また、その東の山梨県側は、南アルプス巨摩県立自然公園に指定されています。大井川、安倍川の流域は、川沿い又は尾根が奥大井県立自然公園に指定されている部分もありました。また、鋸岳の西に位置している幕岩から下流の戸台川は三峰川水系県立自然公園に指定されています。赤石山脈には、九山の3,000m峰があって、十山が日本百名山に選定されています。

特に見どころな千畳敷カール

 中央アルプスの主峰・宝剣岳の南東斜面を氷河がえぐった、すり鉢状の圏谷(カール)が魅力的なのが、この千畳敷カールです。麓のしらび平から千畳敷までは、ロープウェイで高低差950mを7分30秒のスピードで駆け上がることができ、終点から遊歩道が整備されていて、1周50分ほどのハイキングが楽しめます。7月中旬~8月上旬にはチングルマやイワカガミ等200種類もの高山植物が咲き乱れ、9月下旬になればナナカマド等の鮮やかな紅葉が目を楽しませてくれます。カール内の自然を満喫するのなら、ロープウェイの千畳敷駅に併設されたホテル千畳敷に宿泊するのがいいでしょう。

つらなるつながる信州『長野県』はこんな県!